マッチングアプリの教科書

マッチングアプリの口コミや評判をお届けします

クロスミーで女性と会うときのちょっとした節約テクニック

time 2018/07/04

クロスミーで女性と会うときのちょっとした節約テクニック

クロスミーでは女性とメッセージで会話しやすいだけでなく、1回だけなら簡単に会ってくれます。2回目となればお互いが気に入る必要があるため、少し運も必要になりますが、1回目のデートはお試し感覚で会ってくれるでしょう。

そのため、クロスミーを使っていると「一月で数人とデートした」なんてこともあり得ます。これは女性に縁がなかった男性からするとうれしいこと…ですが、それが2回目以降のデートにつながらないと、『デートにかかる費用』が気になりませんか?

おそらく、多くの男性が「デートしてもらえるなら、食事代とかは払わないと…」と考えるでしょうし、そのほうが気に入られる可能性は高くなります。今は女性もしっかりしており、割り勘にも応じてくれる人は多いですが、奢られて嫌な気分になる女性はいません。

とはいえ、何人もの女性とデートしていたら出費もかさみますし、相手にいい印象を与えるために高級レストランなどを使っていたら、大赤字もいいところでしょう。出会いのためにお金を惜しまないのは立派ですが、節約テクニックを身につけておくほうが、無理なくマッチングできて楽しいですよ。

もしもデートで節約をしたいなら、会う場所を『フードメニューに力を入れすぎていない喫茶店』にしておくといいでしょう。会う時間帯も『すでに食事を終えているタイミング』にすれば、コーヒー代のみで済ませられます。

「でも、喫茶店に誘うとケチだと思われないかな?」と不安になるかもしれませんが、相手からしても「初回は短時間で済ませて、軽く相性をチェックしたいな」と考えていることが多いから、長引きにくい喫茶店のほうが安心感もあるのです。

仮に「喫茶店で話していたらすごく盛り上がったし、もう少し一緒にいたい!」と思ったなら、途中で「少し遅くなったし、今からご飯食べに行かない?」と誘えばいいでしょう。もちろん、ここで欲を出してしまい、ホテルなどに誘えば全て水の泡です。

そして「うーん、この人とは付き合うかどうか分からないかも…」と思ったら、コーヒー代を支払って切り上げましょう。これならお財布に優しいですし、相手も少額とはいえ奢ってもらえるのですから、角が立たずにデートを切り上げられるのです。

クロスミーも少額とはいえ月額が必要なので、ちょっとした節約も決して無視できません。節約上手は結婚する際にはとても重要なスキルですので、気前の良さだけでなく、お金に対する管理能力も今から養っておきましょう。

down

コメントする